オイルになるのおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。

 

まずは、この写真

カートリッジ・Fフォークの積層バルブ付近↓

この汚れでは・・・・

いくら高性能パーツでもメンテなしでは、

性能を発揮できないばかりか危険です。

 

やはり、定期的なO/Hは必要ですよ。

その、O/Hなどがお得になるキャンペーンを

ただ今、開催中です。

 

 

是非、ご利用ください!

Fフォーク、つながりで
もう一つ

今度は、フリーバルブ式フォーク↓

こいつのモデファイです。

 

ネガな部分を解消するためのトライ

 

まず、分解

本当は、シリンダーロッド↓

インナーチューブ下側、奥まったところにある

フリーバルブ↓

奥に見えるのがフリーバルブ↑

 

本当は

シリンダーとフリーバルブのクリアランスを変えて

ロースピードの減衰力を変化させたいのですが

インナーチューブ側の加工はちょっと無理

シリンダーを作り変えれば良いのですが

これも、現実的ではなくNG

 

そこで、お客様と相談して

カートリッジエミュレーターを使用することに

 

今回、取り寄せたのは

 

YSS PDフォークバルブ

これも、まず分解

オイルがどこを通り、減衰をどう発生させるか構造を

理解してから作業します。

 

作動自体は単純で


シリンダーの上側に取付け

圧縮時

シリンダーの中を通ってきたオイルの通路を変化させます。

よって、バルブとシリンダーの間にガタがあると

そこから、オイルが流れて、減衰が変わってしまうので

 

ぴっちり、バルブがシリンダーに乗る様に

 

アダプターを製作

こんなの作ります。↓


そして、装着

ばっちり、ぴったり、ガタなく、出来ました!

 

後は、本来圧側減衰力を発生させているシリンダーの穴を

加工して、減衰力をなくし

バルブに減衰力を依存。

穴明け後のバリ取りは超重要!

 

そして、これらを組み込み


オイルをいれて、狙い通りの減衰力が

だいたい発生出来ているか?

 

圧は?伸びは?

速く動かしたり、ゆっくり動かしたり

インナーを動かします。

わたくしの勘でチェック

そう、人間ダンパーテスターで確認!

 

今回はいま一つ、狙い通りではなかったので、

もう一回、ばらします。

今度は、バルブに細工してみます。

 

今回はここまで、続きはまた報告します。

 

このような作業は

オイルがどこを通り、どのぐらい通りづらいか

自分がオイルの気持ちになって想像することが

大切です。

 

まったく、関係ないですが

わたくしが尊敬する

釣りキチ三平氏も

昨日の放送で

 

魚の気持ちになって想像するって、言ってました!

ただ今

毎週の「釣りキチ三平」の放送が

わたくしの楽しみです。

 

それでは、また土曜日にバイバ~イ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP