セラコート マフラー塗装

こんにちは。

 

3台のXJRを持つ鉄骨裸族の族長熊木です。

 

本日は、巷で話題のセラコートのお話です。

 

耐熱性、耐薬品性、塗膜の薄さ、硬さなどで話題のセラコートなのですが、

 

それ故に

 

 

黒塗りマフラー等作れちゃいます。

1000℃を超える耐熱性なので、防錆効果としても期待できます。

ただし、すでに錆の出ているマフラーなどはいくら下地処理をしても長期の防錆というのは難しいようです。耐熱ワックスなどでのメンテナンスが必要になるそうです。

 

 

同じくセラコート塗料で金色のロゴを入れました。

 

こちらはぐっと耐熱温度が下がるので、色選びも慎重にです!!こちらは400℃くらいだったかな・・?

 

まぁこれくらいポートから離れていれば安心ですね。

 

オンリーワンカスタムの塗装に新たな発想のチャンスですね!

 

色を重ねなくても、チタンマフラーに黒ロゴだけでもかっこいいのでは・・?それでは今日はこの辺で・・

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP