シリンダースリーブのおはなし

販促部   ヒロ伊藤です。

 

さて?

この「なんでも鑑定団」にでてくる超ド級のお宝
○○作の花瓶みたいな

もしくは

はじめ人間 ギャートルズ にでてくる
石のお金みたいな

まあ!どっちにしても国宝級のお宝に間違いないが!

 

一体、この
真円も出ていないゴツゴツの石みたいな物なんでしょうか?

 

今日は時間がないので、どんどん行きます。

 

この物体の名前は、ターカロイと言う鋳鉄の一種

どうするか?何い使うか?と言うと


旋盤で真円を出した後、そこをチャックしてどんどん削っていきます。

 

そして
こんなのが↓ できました!(ヒロ伊藤作のお宝?)

もう、おわかりですよね!

 

そう、
エンジンのシリンダーのスリーブです!

赤いやじるしの所

下からの方が解りやすいかな。

この部分をターカロイで作っていたんです。

 

スリーブが薄いと具合がよくないので
スリーブの肉厚を持たせるように製作しています。

 

わたくしはスリーブだけを作って、それを内燃機屋さんで
バレルを拡げてもらって、スリーブを入れて

指定したピストンクリアランスにボーリングしてもらうという作業です。

 

こんなこと、普通はやらないですよ。

でも
「○○φのピストンを入れたい」
「じゃあ、スリーブを作るしかないですね」

こんなところから、始まった作業ですが

 

お客様の思いを「かたち」にする・したい
のが、しゃぼん玉だと思っています。

 

そのためには、安全が第一優先でどんどん提案させていただきます。
色んな相談してくださいね!

 

ちなみに
エンジンの中だと、こんな物もつくりました!

 

この、きったない棒↓

ABB2という材料、アルミ青銅です。

 

これも削って(細かい所が難しい!)

バルブガイドの製作

耐摩耗性・放熱効果抜群のABB2からつくったので信頼性バッチリですよ

 

EXはどうしても熱に厳しいので、EXだけ製作・交換しました!

なんか、いままで
色んな事してきたな~
色んな物、作ってきたな~と
改めて思いました。

 

最後に、ターカロイでスリーブを作って
短くて使えなくなった材料の端っこは

わたくしの、ペンたて 兼 文鎮になっています。

これ、なんでも鑑定団に出品してみる~?

 

それでは、また来週   ごきげんよ~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP