まぼろし~のおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。

今日は、カタナを紹介!

とっても、綺麗なカタナです。

でも、いつもとどこか雰囲気が!
このカタナ、ちょっと違うのに
お気づきですか?

そう!  スポークホイール装着車!!

 

これ、カスタムではなくSTD。

 

スポークホイール車があるとは、聞いていましたが見るのは初めて!

 


しかも、Rホイールが17インチではなく18インチ!

 

そして
違いはそれだけではなく

スイングアームが丸パイプ仕様 ↓

そして、キャブレターがCVではなくVMキャブ

 

GSX1000SカタナではVMキャブ装着車があるのは知っていましたが
まさか1100カタナで存在するとは!

フレーム、エンジンマウント部は初期型SZと同じでした↓

スポークホイール・スイングアーム・キャブレター、すべてメーカーオリジナル!

このカタナの正体は?
バイク博士川瀬マンでもわからなかったので

 

調べてみたら

初期型SZと同じ年1981年に作られたSXZと言うらしい!


しかし、わたくしの宝物日本モーターサイクル史でも
GSX1100S SXZは、載っていなかったです。

 

1000で北米仕様がVMキャブだったりしているので

この1100SXZも、どこかの国の
レースレギュレーション
合わせたものかも。

 

とにかく、珍しい貴重な車両です。

 

おそらく、これだけオリジナルで残っている車両は
日本に10台ないんじゃないかな~。

 

そんな、貴重な車両を作業させていただき
テストランで乗らせてもらいました!

メカニックとして、とても幸せなことです!

 

それにしてもオーナー様に、ここまで綺麗にしてもらうと

バイクも幸せですね!

貴重な体験させていただきました!

ありがとございました!

 

それではまた来週  ごきげんよ~

 

来週は、祝日の11日(火曜日)は、営業します。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP