R6のハンドル小技

こんにちは!いぶきです!

 

今回は転倒で壊れてしまった我がR6の

修理編!

 

 

こちらが取り外したハンドル。

 

ここに隙間が出来ています。

こうなると危険なので交換するのですが

新品のハンドルには

バーエンドを取り付けするパーツが付いていません。

 

こちらがバーエンド取り付けのために必要なパーツ!

 

こんな感じでハンドルの内側に圧入します。

が、どーやって?

僕の頭の中にある選択肢は1つ。

ハンマーで叩きいれる!!

 

でも、あまり叩いたりしたくないですよね…

考えていると、ひらめきました。

 

まずはカラーを製作します!

外径と内径がピッタリとなるように。

圧入するパーツのでっぱりとカラーの内径が

ぴったしなのでずれる心配もありません!

 

ハンドルには転がっていたこちらのパーツを

取り付けて

こんな感じでプレスにセット!

 

 

 

無事圧入することが出来ました!

昔の自分なら間違いなく叩いていたと思います!

 

今回の様な簡単そうに思うけど、いざやろうとすると

少し難しい。

そんな作業がこれからも沢山あると思いますが

頭を使いベストな方法を考え作業していきます!

 

そのためにはもっと機械を覚えないと…

頑張ります!

 

 

 

そしてRMZのパーツも到着!

 

夜ご飯を食べた後、仮組していたら

こんな感じで邪魔してくるので取り付けは

また今度にします!

 

それでは失礼します!

いぶきでした!

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP