見どころある後輩のおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。

9月20日のピットブログ、見ました~?
その日は昨年のドラフト1位、いぶきのブログでした。
(昨年のルーキーイヤーは活躍がなかったので今年も新人王の権利アリの若者です)

モトクロッサーのエンジンをリフレッシュ!なんて・・・

ほざいていましたが・・・

 

作業するのは、大部分がわたくし・・・・・・
時間がない中、かわいい後輩のために頑張ります。

 

分割したクランクケース↓

ここだけでも、8個のBG(ベアリング)があるエンジン

このBGのフリクションが少しでも少なくなれば
軽いエンジンに仕上がると思いませんか? 8個ですよ!

 

今回は全部新品にするのですが
BGの低フリクション処理

馴染みをよくするためのBGの慣らし運転

をしてからクランクケースに組み込みました。
処理方法は、また後日に報告しますね。

 

そして、今回久しぶりに使いました。クランクインストーラー ↓

クランクシャフトをケースに引き上げてくるSSTです。

当然、メーカーが違ったりでアタッチメントなどは
その都度、製作しますが今回はカラー1個ですみました。 ラッキー!

叩いて入れるは、絶対にNGですからね。
「道具なんて、なくても出来るわ!」ではなく
ここはしっかりSST使用したいですね。

Lケースに、クランクが入ったのでミッション・シフトドラムなども
ケースに収めて


Rクランクケースを合わせます。

そして、ケースができました!


横のオイル缶は、組み付けオイル
レスポ コンペティションST-2 15W-50
実際に使用するオイルを使って組み付けていきます。

いぶきも、レスポを使用するとは
少しは見どころのあるヤツです!


ここまで、出来たらどんどん行きたいのですが。

 

まずは、シフトのチェック

チェンジペダルを取り付けて、シフトしていきます↓

このシャフトの先は、エンジン右側のこれ

シフトシャフト↓

シフトダウンすると↓


シフトアップすると↓


わかりますか? シフトペダルを操作すると
シフトシャフトの、この字の間でシフトペダルのストローク
を規制しているんですよ。

 

そして

手でペダルを操作して、シフトダウン時にストローク不足を感じたので

ここを削ってストロークを増やしてやります。


狙いの寸法まで↓


そして、もう一度組み付けて、チェック

気持ちよくシフトできるようになりました。

この加工、シフト時にストローク不足を感じる時は
凄く効果ありますよ!

気持ちいいぐらいシフトできるようになります。

 

そして
今日は、疲れたので

ここまで!と言ったら

 

この後輩は↓


「早く乗りた~い」だって・・・・・・

わたくしを、急かしてきました・・・・・・

 

本来なら、ここで往復ビンタですが

今回は特別に


地獄突き

タイガーマスクばりの
ローリングソバット
で勘弁してやりました!

 

ちょっと技が古いので、次回はもっと新しい技を覚えてきます。

 

でも

いぶきは、わたくしにプロレス技
を掛けさせてくれる
見どころのあるヤツです!

ウソです。

 

 

本当は、作業の技を見て盗もうと
いつも、わたくしの後を付きまとう
うざいヤツです・・・

 

うざいヤツというのもウソで

 

本当の本当は
見どころのある後輩です!

 

 

それでは、また来週  バイバ~イ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP