数字は同じ、でも硬さは?

こんにちは
あいにくの雨でラ・パラのリベンジできずにイメトレに励んでいる高野です。

今回はフォークオイルのお話です。
メーカーが違えば商品名が似ていても実際の硬さが違うのはご存知ですか?
オイルの硬さは動粘度指数(㎟/s)というもので表記されています。
例えばKYBのG15Sは58.8㎟/s(40℃)に対してHYPERPROのSAE#15は44.7㎟/s(40℃)約10㎟/s(40℃)変わってきます。
オイルを変えて硬くしようとしたら柔らかくなってしまったり、逆のこともあるので事前に今どのオイルのどの番手が使われているかを確認してからオイル交換をすることをお勧めしています。
現在のラインナップはこちらになっています。

粘度表も置いてあるので参考にしてイメージしてみるのもいいのではないでしょうか。

しゃぼん玉ではサスペンションのオーバーホールも承っておりますのでお気軽にスタッフにご相談ください。
今回は手短ですがこのへんで失礼します。

P.S.
今回は特にどこへも行っていないので特にこれというのはありませんが
9/10(金)ラ・パラ参戦予定なので現地で見かけたら気軽に声をかけていただけたら喜びます 笑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP