実は2種類

走行会も1ヶ月を切りあとは晴れを願うのみとなりました。🦐🏁🦐

こんにちは高野です。

タイトルにもあります2種類とはACTIVE製 GALESPEED】『フットコントロールキット』のステップバーのことです

ステップバーについては後半で

一般的な社外品ステップはバックステップ』と名前がついていることが多いですがACTIVE製のものは
『ELABORATE フットコントロールキット』
と何やら名前からも一捻りありそうな予感です。

名前通りコントロール製を重視した作りとなっており

特徴としましては

・アルミ削り出しによる高剛性の確保
・裏面の肉抜きにより軽量化を実現
・ブレーキ&シフトペダル先端が可倒式となっており、万が一の転倒でも走行不能を回避(ライトを除く)
・ベースプレートがワンピースと構成物が少なくバックステップ特有の足が広がりを最小限に抑える&たわみの軽減
・摺動部にはベアリングを採用しスムーーズなペダル操作を実現

と機能モリモリですが更に、知る人ぞ知るGALESPEEDステップバーの秘密

手前側(YZF-R1用)と奥側(ZRX1200 DAEG)

・R1のステップバー中央付近で切り欠きがあるのに対し
・DAEGは全体的に下部がフラット

なのにお気づきでしょうか?

これらの違いは形だけでなく素材も違いまして

硬い素材で作り凹みのところでポキっと折れるのが狙いの設計と
柔らかい素材でグニャリと曲がるのが狙いだとか
拡大するとこんな感じ

この違いはステップの設計により異なり、転倒した際に受ける衝撃が違うので走行不能に陥ることを回避する為に2種類採用しているとのことでした。

万が一転倒してしまった際の補修部品も1点から注文できるので片側Assyで注文しなくていいのも良心的です。

ここで自分で組む方へ注意事項です!

ACTIVE製問わず、各メーカーステップは仮組み状態のものが多いので確実に増し締めを行いましょう

それにもう一点こちらのが重要です

組み付け&走行後に再度しっかりとネジが締まっているか確認しましょう

バイクは振動するもの…ネジは確実に緩みます!

自分&相手の安全のために定期的にステップ問わず各部の締め付け確認車両の状態チェックを行いましょう

私も一部パーツを使用して自作してみようかと勝手に妄想中です。

 

 

今回の走行会は珍しく残りわずかではありますが枠にまだ空きがありますよ!

いつもぎりぎり間に合わなくて…or 走ろうか迷っている…などでしたらぜひ申し込みしてみてはいかがでしょうか?

初心者にいきなり鈴鹿は…と言われる方が多いですが自分も初サーキットは鈴鹿で体験走行でした

先導車もしっかりついて、安全に走行できますので興味がある方は是非!

では今回はこの辺で失礼します。🏁

P.S.
4月から大型バイクでのサーキットシーズンインです
4/6 スパ西浦モーターパーク
4/12 鈴鹿サーキット
4/26 幸田サーキットyrt桐山
とほぼ毎週サーキットですが体とバイクを労わりつつ楽しみたいと思います🍤

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP