大カブ主になりました

こんばんは、川瀬です。

さて、タイトルに書いた通り

久々にカブ主に復帰、それも発売以来

ずっと欲しかった

C125です。

カブとしてカブらしさを評価するなら

C110の方がずっとカブらしさを味わえるのですが、

憧れの、しかし絶対に手に入れる事はない3台の内の1つ、

初代スーパーカブC100をリスペクトした

コンパクトで美しいデザインと

惚れ惚れするほど素晴らしい走り。

慣らしが終わるのが楽しみです。

小排気量車、やっぱりハマりますよ。

それではこの辺で、

川瀬でした。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP