取り付け位置変更。「GPZ900R」

皆さん、こんばんわ! 一宮店の伴です。

さて本日はこれ↓

通常だとリヤサス(オーリンズ)のリザーバータンクはこのフレームに

吊り下げられるのが指定ですが、バックステップやらなんやら取り付けていくと

非常に邪魔くさい。ということで移動します。

市販のステーも出てますが今回はフェンダーも変わってることもあって

穴開けて、バンドで吊り下げる形にしました。

なぜ移動したかった???。

ブレーキホースの取り回しを変更したかったからです。

移動することによりかなり自由度が増します。

こんな感じで。

ホースは一度前にまわしてからUの字を描くようにして後ろへ。

こうするとスイングした時のたわみ量も少なくて安心です。

スイングするたびにホースがどこかに接触したりあばれてるようでは危険です。

ブレーキホースの取り回しはキャリパーの位置、マスターの位置や形状、

スイングアームの形状、リジットやフローティングでも変わってきますね。

何が正解というのもないですが無理なくスマートな取り回しを心がけたいです。

それでは今日はここまで!  また次回に!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP