一家に一つは、、、あったらいいな。

いや~~~   寒い。

朝5時ごろの外は寒い。

年寄りは朝が早いです。

 

今年も一ヶ月を切ったこの頃

面白い物が入荷しました。

「電動エアポンプ」

なかなかお家で空気圧はみません。

手軽に、空気圧の確認と補充に活躍。

中身はこんな感じ。

この商品の最大の特徴が

電源の入れ方です。

電源のON、OFFスイッチはついていません。

それは、、、、

本体に格納されている、エアホースを引き抜くと

電源、、、、ON!

最初、電源スイッチを一生懸命さがしました。

(ちゃんと説明書を読みましょう。)

モードの切り替えと圧力表示の切り替え

モードは

カスタマイズ→自動車→オートバイ→自転車→ボール

カスタマイズ

自動車

オートバイ

ボール

圧力表示は

PSI→BAR→KPA→Kg/㎠

PSI(ポンド・スクエア・インチ)あまり聞かない

BAR(バール)

KPA(キロパスカル)最近はこの表示

Kg/㎠ (一番馴染みがある表示)

空気圧のコーションプレートも2種類表示

どれかに統一できないものでしょうか?

指定の空気圧を設定することで

指定圧になれば、自動で停止できる優れもの。

どうですか、、、

一個、手元に。

詳細URL付けておきます。

https://www.tk-kijima.co.jp/parts/s_airpump.html

 

 

ただいま

絶賛!セール中です。

BY

ぷろじぇくとA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、仕上がります。

DSC_0014

具材をしまっていきます。

DSC_0018

DSC_0021

DSC_0024

後は電池(18650)をいれて、、、

DSC_0028

無事点灯しました。

調子こいて、3個もつくってしまいました。

後は、点灯時間の測定です。

説明書表記では、単三電池3本で5時間とのこと

さてどれくらい点灯し続けることができるのか???

リチウムイオン電池の弱点で、完全放電をしてしまうと再充電できない。

放電終始電圧は、どれくらいで止まるのか

モジュールの表記では、2.5V。

 

仕様テストはこれからです。

 

総額は

本体 550円

バッテリBOX 2個 180円

充電モジュール  100円

昇圧モジュール  120円

アクリル棒    100円

18650バッテリー2個   0円

 

結果は、、、、1050円でした。

 

BY

しゃちほこ商会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP