ビックスロットルボディー取付。  「DAEG」。

皆さん、こんばんわ! 一宮店の伴です。

さて今日はダエグのスロットルボディーの交換。

これが

こうなります

本体の取付は元々ファンネル仕様にしてあったので問題無し。

苦労した点と言えば各センサー類の行き場所と配線処理。

負圧センサー類はこんな具合に。

一番行き場所に困ったのはセカンダリバルブのサーボモーター。

ちなみに外すのにはノーマルのボディーを割る必要があります。

で、このモーターは使用しないですがFIが点灯してしまうので付属のブラケットをつけてキャンセルします。

後で調整が必要です。

で、これをどこに固定しようか。案外、大きい・・・・・。

目立つところは嫌だし、固定出来て問題なさそうなところ・・・・・。

悩んだ末、サイドカバーの中に入れることにしました。

もちろん配線届かないので延長処理です。

後はボデー側のガソリンホースの入り口の向きが違います。

そのままだと全く向きがあわないのでホースを反対にして対処しました。

エンジン始動したら同調とかスロットルセンサーの入出力電圧とか一応チェック。

とりあえずこれで取り付けは完了!!

後残すはセッティングです。結果はまた後程。

それでは今日はこのぐらいで。 また次回に!!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP