シリンダーフィン修正・その後のおはなし

販促部   ヒロ伊藤です。

以前に紹介したゼファー750のシリンダーフィン修正

右側の後ろ、下から2段目が欠けてなくなっています。

アップにすると↓

エンジンO/Hのついでに修正です。

溶接で盛っては、やすりで削ってかたちを整える

それを少しずつ・少しずつ 根気よく作業すると

だんだん、それらしくなってきて

 

最後は、ここまで仕上げます↓

ここまでは、以前にお伝えしたと思いますが

ここからは、協力工場様でボーリングと塗装

そのシリンダーが、わたくしの元へ帰ってきました!

 

1mmオーバーサイズのピストンに合わせてのシリンダーボーリング

綺麗に仕上がっています↓

ボーリング後はプラトーホーニングで最終仕上げして
最後は低フリクション処理もしているので、軽く回るエンジンに仕上がりますよ!

 

そして、気になるのはフィン欠け修正をした場所


あれ?  どこだった??

どこを修正したのか、自分でも全然わからなくなったので

 

塗装前の写真と見比べて

 

ここだ!!   下から2段目 ↓ やった本人もわかりませんでした!


元はこれ↓

完璧!

 

エンジンも綺麗に塗りあがってきて


あとは、きっちり組むだけです。

 

でも、今回のO/Hのハイライトは、ヘッドO/H!


インレットバルブ↑

INバルブのフェイス面が、へこんでしまって圧縮漏れをおこし

それが原因で、エンジン不調のためO/Hすることになったエンジン・・・

バルブは使えないので新品に交換して

ヘッドを作業していきます。 (またヘッドO/Hは報告します)

エンジンO/Hのついでに、フィン修正や塗装などの付加価値

腰上だけのO/HではなくフルO/H

どうせやるなら、しっかりとやりたいですね!

 

 

おまけ

先週、テストで九州オートポリス・サーキットへ行ってきました!

菅生・茂木・筑波・鈴鹿・岡山・九州AP

全日本が開催される6コース

 

九州オートポリスは

わたくしの中では、鈴鹿の次に近いサーキット。

九州なのに?

 

なぜなら


飛行機でいくから!!

熊本まで1時間ちょっと!

空港からサーキットまでも1時間かからない(近いでしょ!)

そして、サーキットまでの道中が

これまた凄い!


続けて


さらに続けて


さらに、続けて  でもこれは食べられちゃう牛かも・・・・


ツーリングをしたくなるような景色を見ながらサーキットへ行けます。

そして、サーキットも素晴らしい!


最終コーナー↑

そして、忘れてはいけないコーナー

フォーカスしなくてはいけないコーナーが

2コーナー

その名も、
EKチェーンコナー

EKチェーンさんの3Dチェーンは

わたくし達が、8耐、全日本とトラブルレスで使用しているチェーンです。

 

だから、ライダーには2コーナーだけでは絶対にこけるな!
と言ってあります。

 

その教えをまもり、今回のテストで#7優人は
2コーナーではなく5コーナーでこけました!!

教えは守ったが、全然えらくない・・・・

 

九州オートポリス、綺麗なところでした!!

テストの内容!! リザルト?

景色が綺麗すぎて観光気分だったので

忘れました・・・・・

 

それでは、また来週  バイバ~イ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP