オイル漏れ修理。 「YZF-R1」

皆さん、こんばんわ!  一宮店の伴です。

さて今回はR1のオイル漏れの修理。

漏れてる箇所はここ

オイルパン後方、真ん中辺の小さな穴。

ここからオイルが出てくるということは原因は明確。オイルポンプのシールがダメになってます。

R1はオイルポンプとウオーターポンプが一緒になってる構造でどちらかのシールがダメになると

混ざらないようにわざと外へ出すような構造になっています。

で、肝心のポンプはどこにあるかというとエンジンの中。

オイルパンを外すと見えます。

ゴソゴソと取り外したポンプがこれ

で、これを分解します。

やっと、これでシールを交換できます。

ウオーターポンプ側のメカニカルシールとその奥にオイルポンプ側のシールとベアリング。

やっぱりオイルシール側はかなりオンボロの状態です。

インペラシャフトも錆びと摩耗も目立つので一緒に交換します。

これで後はキレイにしながら元に戻せば終了です。それなりに大変なんです。

もし、同じようにこの穴から漏れるからといって応急でも栓とかして止めたらダメです。

早急にポンプのシール類を交換するようにしましょう。

それでは今日はここまで。   また次回に!!

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP