ハブダンパー

こんにちは、いぶきです!

 

今回はハブダンパーについてです!

 

ハブダンパーって何?

 

という方に説明します!

 

ハブダンパーとはスプロケットとホイールの間にある硬質ゴムのことです!

 

この緩衝材が有ることによりスプロケットが急激に磨耗することがありません。

 

 ハブダンパーの交換目安はハブダンパーが磨耗していて『ガタ』があるときやハブダンパーが千切れてボロボロなゴムのカスが出ていたら交換です。

 

 

タイヤ交換を行う際にハブダンパーはチェックしておりますので

交換したほうがいい場合はお伝えさせて頂いております!

 

ハブダンパーが劣化してくると以下のような症状がでます!

 

・アクセルをオン、オフするときにギクシャクする感覚が出る

・クラッチをつなぐときにタイムラグが出る

・発進、加速時に作動が遅い

 

このような症状がある方は一度交換してみてはいかがでしょうか!

 

事前にハブダンパーをご注文いただけたらスプロケット交換やタイヤ交換の

ついでに交換することも可能ですよ!

 

あまり知られずに、陰でものすごく頑張っているハブダンパー

いちど交換してみてはいかがでしょうか!

 

いぶきでした!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP