かってぇ~スプリングのおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。

先週のブログ当番は、しら~っと さぼり・・・
気づかれないように、ズル休みをする! まさにベテランの味です!

でも、今日は頑張ります!
そして、違ったベテランの味?をお見せできたらと思います。

最近、エンジンO/Hの作業ばかり依頼され
しかも、
今回はO/Hついでに、ミッションの交換作業。

 

このイカツイブツはV-MAXのミッション↓
ロング(高速)仕様にするために、他車種の物を流用して組みなおします。

まずは、メインシャフトから(簡単な方から)(ベテランは楽な方から作業する)

メインアクスルは、ローギアと一体式のためシャフトごと交換

ローギアの丁数もこれだけ違います↓ (下が新しく交換するシャフト)


新品のミッションを組むときは、バリ取りはもちろん↓


移動ギア(スライドするギア)は、
あたりをつけて動きが滑らかになるようにしておきます。

オイルと青棒を混ぜたものを使用して↓
シャカ・シャカ・シャカ・シャカと何回もスライドさせて↓

何回も何回も

「スムーズに動くんだよ!」と念を込めながら
手が痛くなるぐらいシャカ・シャカします!

念を込める。これが大切!
このあたりが、まさにベテランの味だと思いませんか?

そして、組んでみてスラスト方向のガタを
厚み違いのシムで調整↓


このあたりが絶妙な調整なんですよ!

 

そして、厄介なのがカウンター側↓


V-MAXはシャフトドライブの車
そのためカウンターシャフトにミドルギアが、引っ付いているので
これを外さないと、ミッション交換ができません・・・・

ミドルギアを分解するには、このごっついスプリングを縮める必要が・・・↓

本来なら純正特殊工具で、縮めるのですが・・・
(特殊なスプリングコンプレッサーが必要)
そんなの持っているはずがないので、何とかします。

 

昔なら、どこかでお願いして外してもらうか、工具を借りてくるか、
特殊工具買うかでしたが

 

歳をとって少しずる賢い知恵がついたので作ります。
作ったブツは二つ↓

作ったと、かっこよく言っていますが

要らないステムを切って横をくり抜いただけ!

その2個を、合体させて


これで、ミドルギアのスプリングをプレスで押します。


ヤワな道具で、このスプリングを縮めていて
もしも、道具が壊れる・もしくは外れるとかして

ばぃ~んと、飛んできたら

わたくしは、まず間違えなく

全治2週間!!

 

そうならないように、安全面を考慮して道具を作ったので

しっかりプレスで安全に押せました!
安全に!大切です!
これもベテランの味です。
おじさんは怪我をすると、なかなか治らないから・・・


しっかりスプリングを縮めて↓

止めているクリップが見えてきました。

ここで、このくり抜いた隙間からクリップとワッシャーを摘出↓


これで、ミドルギアが外れてカウンター側もバラバラになりました。

後は、ミッションを組み込むだけでシャフトは完成。

この、メインシャフト・カウンターシャフト・ミドルギア・ミドルドリブンギア

クランク・バランサーなどが
ロアクランクケースに収まっているところをお見せしたかったのですが

写真を撮り忘れて、組んでしまいました!
お見せできないのが残念です。

V-MAXはその他、調整するところが多く
例えば↓

ミドルギアとミドルドリブンギアの
バックラッシュ(隙間)の調整など

何か所も計測しては、シムで調整です。

そこに神経を使っていたら写真を撮るのを忘れてしまいました・・・

 

でも!

いつもやっているエンジンと違い、凄い迫力でした。マジで!
あと、めちゃくちゃ重かった・・・

 

また、作業する機会があれば、その時は必ず写真を撮って報告します。

V-MAXのエンジンん~

また作業、入るかな~ 超微妙・・・・・・

それでは、また来週  バイバ~イ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP