鉄ピストン

こんにちは、いぶきです!

 

今回はR6のキャリパーネタです!

 

R6のキャリパーはアルミピストンが使用されていますが

今回は鉄ピストンに交換していきます!

 

アルミピストンのほうがいいじゃん!

と思う方に説明いたします!

 

アルミピストンは軽量で動きもいいですが

熱伝導率がいいためブレーキフルードに熱がすぐに伝わって

しまいます。

 

そのため限界までくるとブレーキが入ってきてしまいます。

そうなったら、走りながら手元にある

このアジャスターを回してブレーキレバーの位置を遠くして

走ります。

 

ですが、アルミピストン冷めやすい。

ということは、ストレートなどでキャリパーが冷やされて

1コーナーに入るときのブレーキタッチは

少しパツパツになっています。

 

ですが、コーナーが続いたりスリップについて

キャリパーが冷やされないとブレーキが入ってくる…

という感じでブレーキタッチが安定しないのが弱点です。

 

なので、ブレーキタッチを安定させるために

違う車種の純正鉄ピストンを使用します!

 

鉄ピストンを注文するとシールも付いてくるのですが、

シールはR6純正を使用するので鉄ピストンについてきた

シールはゴミ箱行きです。

 

シールは何日かブレーキフルードに漬けてから組んでいきます!

そして完成。

明日、ピストンを変えてから初めての走行なので

気合入れていきます!!

久しぶりの鈴鹿フルコース!

目標はベスト更新!!

では、行ってきます!!

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加↑↑↑

しゃぼん玉本店 LINE@ たいへんお得な情報を配信致します

LINE友だち登録よろしくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP