マイバイクランのおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。

まずは、来週にせまった公開事前テストのため
急ピッチでの作業!!


今回はヘッドをメインに作業しました。


サーキットによって立ち上がり重視か?
高回転の伸び重視か?で
ヘッドガスケットの厚みを変えて圧縮比を変更して
エンジンの出力特性を変えています。

今回はそのついでにヘッドO/Hも行いました!

そして、とにかく時間がないので速攻で
エンジン組んで車両に載せて、何とか形になり↓

あとは、シャーシダイナモでチェックするだけ!

 

暑さ・熱対策で
風をラジエーターに導くためのシュラウドも↓


たったこれだけでも水温は、かなり安定します。

バイクは熱対策が、本当に大切ですね。(特にこの時期は!)

でも夏に厳しいのは、エンジンだけじゃないんですよ!
わたくし達、おじさんもです!!

 

ウソです。
でも、ちょっとホント!!

 

本当は、ここです↓


それは、ブレーキ

 

高い気温とハードブレーキング

 

ST600クラスの激しい争いの中で、ぎりぎりでのブレーキング

STDキャリパーの限界を超えているのでしょうね。

 

何周かハードにブレーキングするとタッチが
スポンジーになってしまいます。(レバーが入ってくる)

特にスリップについた後は、風が当たらないので

ブレーキが冷却されず、余計に症状はひどいようです。

 

そこで、レギュレーション内で、出来ることを

R6のSTDキャリパーは↓


アルミピストンを採用しています。↓

アルミは軽量で動きが良いですが
(そのため現行のスーパースポーツバイクによく採用されています)

 

アルミは熱伝導が良いので熱が伝わりやすいんですよ・・・

だからフルードにダメージを与えてしまいタッチが悪くなる・・・
熱での変化が激しいのでタッチが安定しない・・・
(限界まで使っての話です)

 

そこで、鉄ピストンへ変更
(純正流用です)


鉄の方がアルミに比べて熱伝導率や熱膨張率が低いのでフルードに優しく

ヒート時にタッチの変化量が少なく安定します。


鉄ピストンに交換されたキャリパー↑

 

ストリートカスタムでは、鉄からアルミへ変更が主流ですが

今回は、その逆

 

ST600では、STDキャリパーがもう限界に来ているのだと思います。
普通では、絶対こうはなりませんよ!

 

キャリパーごと、チタンピストンの物へ交換ができればBESTですが・・・
それは、ルールでNG

 

少し位、重くなっても・動きが悪くなっても
コースでは、ブレーキ性能が一定であることの方を優先します。

 

あとは、毎回ブレーキ廻りのメンテはしっかりすること!!

これで、夏をのりきります!!

 

さて

ここからが、今日の本題です。

8月31日(火)
しゃぼん玉 鈴鹿フルコース走行会があります。

通常の走行会は満員御礼ですが

 

マイバイクランとミニバイク走行会は
まだ募集中です↓

 

マイバイクランは、「つなぎ」じゃなくてもOK
普段バイクに乗るスタイルでOK

そして、二人乗りもOK

しかも、マイバイクランでは初!
25分もの走行!!

 

25分も鈴鹿フルコースをツーリング感覚で走れますよ!

 

以前のマイバイクランの写真を
どうぞ↓


毎回、たくさんのお客様に楽しんで頂いています。

この時は1周半でしたが、今回は25分


タンデムの方も結構いらっしゃいますね↑

奥様・恋人・お連れの方・お子さんと
二人乗りでの走行はいかがですか?

 

こんな、写真もでてきました!

TEAM VITAL SPIRITのボス
辻本選手のマイバイクラン走行↓
辻本選手は走行会では、ライダーとして先導役

マイバイクランでは、お子さんと
ライダーの顔からお父さんの顔へ

 

いつも、お父さんが走っているメインストレートを
お子さんと!!


どうですか!

最高の企画でしょ!!

ぜひ、ご参加を!
まだ受付しています。当日の受付でもOKです。

 

そして、わたくしも奥様と
マイバイクランに参加します!

しかも、この2台で!

サーキットには、とても似つかない車両ですが
奥様と久々のツーリングです!

しかも、鈴鹿フルコースを
とっても贅沢ですね!

 

走行会でのスピード・限界でのコーナーリング
それも魅力ですが

スピード以外のバイクの楽しさ!
飛ばさない快感!
それを楽しむためにマイバイクランを走行します。

スピード以外のバイクの持っている楽しさ
わかるかな~!

 

8月31日、楽しみにしています。
是非、参加してくださいね!

 

それでは、また来週  バイバ~イ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP