チェーンメンテナンス

こんばんは、川瀬です。

今回はチェーンメンテナンス後編です。

何故チェーン表面のチェーンルブは拭き取った方が良いのか?

かなり端折った説明になりますが、

チェーンルブは潤滑が主な仕事なので

動く物が無いプレート部に着いていてもほとんど意味がありません。

基本的には潤滑用のルブなので

エンジンオイルと同じ性質があるのですが

オイルと同じで汚れを取り込む(これがオイルの仕事の一つ「洗浄」です)ので

表面にチェーンルブが着いていると

どんどんチェーン表面が汚れていきます。

更に悪い事にこの取り込まれた汚れの中には

錆びの原因となる酸化物質も含まれています。

よってチェーンルブはシールリングとローラー部だけに使い

表面はクリーナーで綺麗にしておくのが

一番チェーンが長持ちします。

チェーンとスプロケは安く無い部品です。

メンテナンスで少しでも気持ち良く永く使って

浮いたお金でツーリングを楽しんで下さいね。

 

それではこの辺で、

川瀬でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP