オリジナルを追加工

お久しぶりです

諸事情によりしばらくお休みをいただいていました高野です(コロナではありません)

最近のレース車両では当たり前になっている耐久型スタンドフック

車種専用で一部メーカー様からも発売されていますがまだまだ適合車両数が少ないのも事実…

しゃぼん玉オリジナルスタンドフックは汎用になりますが,M8,M10と2種類2パターンがありますのでスイングアームの形にもよりますが大抵の車両に取り付け可能です。

早速自分の車両に組み込みにて実験してみます

 

 

ですが早速問題発生!

ボルトが裏から刺さっているのでスイングアームとボルトが干渉して取り付けできません…

とここで諦めず一工夫です

ボルトを刺す方を内側⇨外側ではなく外側⇨内側に変更です

そうするとボルトは回避できますが、スタンドフック本体の座繰りはないのでボルトが最後まで入り切らず…

少し座繰って最後まで入るよう加工しますあとは車両に合うようカラーで出幅を調節したりゴニョゴニョと

サーキットでウォーマーを巻く方、メンテナンスでスタンドを立てて整備をされる方必見です。

ビスの方よりもスタンドをかけやすく、V受けでは先端とスイングアームが当たり傷が入ることもありますがこの方式では傷が入ることはなくなります(自分の車両は既に傷ついていますが)

最後に、汎用品となりますのでPITでの取り付けされる際は事前に実車でのご来店をお願いいたします。

では今回はこの辺で失礼します

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP