オカルトなんて言わせない

雨の日は古傷が痛む…というのがなんとなくなく分かってきた高野です

俗に言うオカルトパーツ

効果があるのか、はたまたないのか、気分的なモノなのか、データとして出ているのか

諸々ありますが

これは効果あります、なんなら体感できなければ返品可と言いたいぐらいなものです

と書くと某ネットショッピング風になってしまいますが

実際 F1の世界ではマスダンパーと呼ばれ、装備車両が2006年から1位もしくは2位しか獲得していないなど実績のあるパーツです

またまたここで

プロだから感じれるなど思われそうですが

自分を含めごくごく一般的なツーリングライダーやサーキットを走っている友人6人程にとりあえずパーツの説明をせず装着した状態と非装着状態で近場を走ってもらいました

6人中6人とも有無の差を体感できで、

今までは地面とタイヤが浮いてはいないもののトラクションが抜けていた

乗り心地も良くなりかつロードインフォメーションをより多く感じれた

コーナーでの安定感が抜群にいいなんてことを言ってたり

結局は付けて、体感しみないと実感できないのでしっかりとしかスゴイヤツなんですがオカルトなんて言われてしまう所以かもしれませんね。

そんなこと言ってくる人にはドヤ顔で右から左へサラッと流しましょう

車種専用であれは基本的にチェーンブロックを入れ替えれば装着できますがしゃぼん玉ならこんなことも

車両は映画『TOP GUN 』トム・クルーズでおなじみ GPZ900R、スイングアームはウィリー

勿論、GPZ900R用ましてはウィリー用は存在しませんが付かなければ付ければいい

ワンオフ大好きしゃぼん玉だから出来る芸だと思います

効果をもっと知りたい方、車種専用がない方、他にもワンオフ、カスタム相談お待ちしております

では今回はこの辺で失礼します

P.S.
ビーター製アルミタンクを仕入れ、ハイパープロ製ステアリングダンパーを仕入れ、純正品のみならポン付けできますが、勿論ポン付けできないので加工の日々です、ステー2個はキットに含まれていなかったので純正使用です
仮り合わせで軽く削ったもののまだまだ削った方が良さそうですね
次回ダンパー取り付け編です

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP