エンジンカバー交換

こんにちは!れいじです!

 

今回はCBR1000RRのエンジンカバーの交換です

 

ボルト類を外してエンジンカバーを外します

 

 

頭が削れて工具がかからなかったボルトは頭を完全に削って摘出しました

 

 

エンジンカバーを外したらクランクケース側に張り付いている液ガスを取り除いていきます

 

 

エンジンの中にカスが入らないように注意しながらスクレーパー、オイルストーンをあてたら

 

 

液ガスを塗り、新品のエンジンカバーを取り付けます

 

 

液ガスが完全に固まってからオイルを入れ、エンジンをかけて漏れがないか確認して作業終了です

 

それではまた

 

 

友だち追加↑↑↑

しゃぼん玉本店 LINE@ たいへんお得な情報を配信致します

LINE友だち登録よろしくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

イベントカレンダーは
こちら
PAGE TOP